戦略的新卒採用アウトソーシング

つい先日の日経の調査によると、来春入社予定の大卒者の数は、
前年比1.4%減で5年ぶりのマイナスとのことです。

景気感もあるでしょうが、企業もついに新卒採用を減らしつつあるという
証拠になります。

しかし、学生の動きも絞込みに入っており、
エントリー社数やセミナー参加社数は年々減少を続けています。


2010年度の新卒採用でも、
もちろんこの傾向が出るだろうと予測されており、、

これまでの「母集団形成」のみでは、
、新卒採用の成功は難しくなりつつあります。

では、どうすればよいのか?

自社に興味を持ってくれたエントリー学生を、
最後まで興味を持たせ続ける、
「育成」をすることが必要になります。

つまり、
エントリーをした学生に、最大限に魅力を伝え、
いかに「入社意欲」を育てることが出来るのか、
「育成」することが出来るのかが重要になります。



具体的方法としては、

①企業目線・学生目線に偏りのない就職サイト・選考・面接になっているか

②上記のみではなく、テンポのよい選考案内、コマ目なフォローが出来ているか

が挙げられると思います。

①は当たり前のこととして、
②が出来ていない企業様が実に多いです。

忙しさにかまけ、ついワンテンポ学生への対応が遅れてしまったり、
もう大丈夫だと思い1本の電話をしなかったり。

解決策は、
・採用数を減らす
・スタッフの増員を行う
・アウトソーシングを導入する

上記3つが考えられます。


実際の費用対効果はどうなのか?

学生の満足度はどうなのか?

気になりましたら一度ご相談ください。


新卒採用アウトソーシングサービスイメージはこちら
新卒採用アウトソーシングサービス一覧はこちら< /a>

採用コンサルティング事業部サービス一覧はこちら
合同説明会 合同企業説明会の活用方法はこちら

-お問い合わせはこちら------------ -------
新卒採用お問い合わせ
新卒採用お見積もり
中途採用ツールお問い合わせ
-------------------------------------------------
キャリアマート/リクルーティングアドバイザー

転職求人情報
人材紹介サービス
新卒採用アウトソーシング
新卒採用コンサルティング
-------------------------------------------------

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック