採用代行を利用した、新卒採用

新卒採用において、近年採用代行を利用する企業が非常に増えています。


その背景としては、採用業務においては、会社説明会の開催や、応募書類での書類選考、筆記試験や面接の実施など
採用決定(内定)までのプロセスが以前よりも多様化・長期化していることが要因として挙げられます。

特に新卒採用は、特定の時期に業務集中的に発生する為採用アウトソーシングといったサービスが認知されてきています。

昨今、大手企業を中心にリクルーター制度の復活やこれまで以上に重視をする企業が増えているなかで、
多くの企業が、就職サイトやコール掛けなど直接学生と会う業務に追われている場合ではなく、
もっと直接学生と会う機会を増やさなければと感じているようです。

また、昨年夏からの経済不況のあおりを受け、採用人数自体は減少をするものの、
優秀な人材を採用するというラインは守る企業が多いため、これまで以上に優秀な学生との接触は
重要となってくるでしょう。

採用代行を利用の価値は、
学生とのコミュニケーション活発化・深化とコストの削減だと思います。

一度ご検討されてみてはいかがでしょうか?




新卒採用支援サービス一覧
採用アウトソーシングサービスのご案内
合同企業説明会のご案内はこちら

-お問い合わせはこちら-------------------
新卒採用お問い合わせ
新卒採用お見積もり
中途採用ツールお問い合わせ
参考:弊社転職サイト
--------------------------------------

合同企業説明会・世相を現す、新卒採用

2月に入り、 新卒採用市場は本番を迎えています。

新卒採用は、就職サイトと 合同説明会を就職活動のメインとして利用をする企業、学生が非常に多いです。
 
しかし、題名にも書きましたように新卒採用はその時代の景気をダイレクトに受ける
採用でもあります。

巷のニュースでは、内定取り消しや採用ストップが多く報道されています。
実際に 合同企業説明会をキャンセルする企業も多いようです。

以下引用

--------------------------------------------

厳しい就活、説明会キャンセルの企業続出

大学生らの就職活動の本格化を迎え、リクルート主催の合同会社説明会「リクナビLIVE」が3日、大阪市西区の京セラドームで開かれた。今年は景気悪化の影響で出展を取りやめる企業が相次いだ。担当者は「こんなことは初めて」と驚きを隠せない。

 リクルートは、大学生や専門学校生らの就職が本格化する毎年2月、合同会社説明会を実施。今回は昨年9月から出展企業を募集し、当初、例年と変わらない約380社が集まった。

 しかし、同12月ごろから採用予定数の見直しなどを理由に出展を取りやめる企業が続出。約30社が出展を見送り、出展企業は約350社にとどまった。この日会場では、前日に出展を予定していた企業がキャンセルし、「誠に勝手ながら欠席させていただきます」と張り紙が張られただけの空きブースも。

 平成12年から説明会を担当するリクルートの中島耕平さん(39)は「毎年、キャンセルする企業はわずかで、出展希望が多すぎて、断ったこともあった。空きブースが出たのは初めて」と驚く。

景気悪化の影響で新規採用者数が決まっていない企業も多い。京セラの採用担当、竹原範人さん(34)は「例年この時期は、すでに採用者が決まっているが、今年はまだ。社内で慎重に協議している」と話す。

 一方、学生にとっては深刻だ。奈良市の同志社女子大学3年、加藤綾子さん(22)は「採用が少なくなっており楽観視できない。少しでも多くの社を受けるしかない」。証券会社に内定していた先輩が採用取り消しにあい、就職浪人すると聞いたという関西外語大3年の女子学生(21)は、「正直、どこでもいいから就職したい」と打ち明けた。

 また、大阪産業大3年の江島奈津子さん(21)は「親に『留年だけはやめて』といわれた。家計に余裕がないのもわかるし、絶対に内定を取らなければ」と話した。

(2009.2.3 23:39 産経ニュース)


--------------------------------------------

上記なような状態がつづいていますが、
出展した企業にとっては、チャンスな時期もあります。

お伺いさせて頂いた企業(外食サービス)の人事のお話では、
これまで数えるほどしか着席がなかったのに、今年は100人以上の
学生が話を聞いてくれたと仰っているほどです。

 合同就職説明会に出展される予定の企業はこの状況を逆手にとって、これまで以上に
力を入れて頂くと良いかもしれません。

また他の動向としては、
ただ大規模に行う合同説明会だけではなく、体育会系の学生のみ、理系学生のみ、上位校のみと特徴をしぼった内容が非常に増えてきたのが特徴といえます。

学生と直接会い、魅力を伝えられることが合同就職説明会の意義であり、学生にとっても魅力です。

ただ出るのではなく、東京、大阪、福岡などの大都市や、
そのほかの地方都市と時期と規模を見計らって戦略的に活用する必要があるといえます。



合同企業説明会のご案内はこちら
新卒採用コンサルティングサービスのご案内
新卒採用アウトソーシングサービスのご案内

-お問い合わせはこちら-------------------
新卒採用お問い合わせ
新卒採用お見積もり
中途採用ツールお問い合わせ
参考:弊社転職サイト
--------------------------------------